パーマンの独り言 › 炭酸が体に効く仕組み

2011年11月12日

世界一受けたい授業 炭酸パワー

炭酸は皮膚表面のたんぱく質を柔らかくし滑らかするあります。
また新陳代謝がスムーズになることで コラーゲンも増え、弾力と透明感のある肌に
さらに炭酸は弱酸性なので【アストリンゼント効果】という肌の引き締め効果もあり、
小顔に導きます。

疲労で硬くなった筋肉を柔らかくほぐす効果も期待されています。
炭酸ガスは皮膚だけでなく、筋肉の血流にも働きかけるという研究結果があるのです。
炭酸泉を利用したリハビリ用などに利用されています。

是非 炭酸でアンチエイジングしてみては


あっ それと

肌が若返るホルモン=成長ホルモンの分泌が衰え始める30代
加圧ベルトを使い短時間で効率よく

血流を適度に制限することで成長ホルモンの分泌が促進を・・・・





①表皮を弱酸性(PH5)にし、抗菌効果を発揮する。肌荒れ・ニキビ改善

②お肌を柔らかくする(汚れもはがれやすくする)毛穴の汚れも柔らかくなり除去される・美肌効果

③炭酸が血管を拡張する血液の流れが良くなる(約3倍)・リンパの流れがよくなる

④血中酸素が増える代謝があがる・ターンオーバーの促進

⑤細胞間質液が排泄される小顔・むくみ改善

⑥老廃物が排泄される美白効果・疲れ、痛みの改善(乳酸の減少)

⑦ヒアルロン酸などのバリヤー成分が分泌される美肌効果・キメ・ハリ・ツヤ

⑧脂肪代謝が活性化される痩身効果・シェイプアップ・小顔効果

⑨コラーゲン合成が活性化されるしわの解消・ハリ

⑩炭酸が肺から出ていき酸素がヘモグロビンに吸着する



お風呂で温めて 顔、全身に  


Posted by パーマン1号2号at 20:34 Comments(0)炭酸が体に効く仕組み

2011年09月29日

NHK《あさイチ》炭酸が体に効く仕組み|炭酸スプレー

炭酸が皮膚から体内に入る炭酸ガスは非常に小さな分子なので、体に触れると皮膚を通過し 、毛細血管の中まで入っていきます。

                         ↓

炭酸ガスが老廃物とみなされる 毛細血管の中に炭酸ガスが増えると、体は浸入してきた炭酸ガスを老廃物とみなし、洗い流そうとします。

                         ↓

炭酸ガスを流すために血管が広がる 炭酸ガスを洗い流すために血管が広がり、酸素が送り込まれ、血管が活性化されます。



炭酸スプレー動画

  続きを読む


Posted by パーマン1号2号at 11:45 Comments(0)炭酸が体に効く仕組み